草加市 八潮市 越谷市近郊にお住まいの方へ劇鑑賞、子育て、イベント、いろいろな活動のご案内|NPO組織紹介

NPO組織紹介

設立趣旨書

平成16年10月23日

「子ども時代応援します。」
草加おやこ劇場は、子どもの文化を大事にし、人と人とのつながりの中で豊かに育ちあう社会をめざします。

21世紀、地域社会の中から一人ひとりが地球規模で環境を守り、国を超えて、人が豊かに生きるための道を探らなければならない時代が到来しています。次代を生きる子どもたちは、社会をつくる一員として、又、人としての自信と誇りを持ってのびやかに育ってほしいと心から願います。
子ども時代は目覚しく進化をとげる時代であり、その後に続く長い人生を決定づける大切な時です。
子どもたちは、心揺さぶる芸術との出会い、異年齢の子どもたちとの遊びや交流、わくわくどきどきする体験を通して、ともに考え、悩み、ぶつかり合って自分の考えを表現したり、他人に共感する力を獲得して、伸び伸びと感性豊かに育っていきます。
子どもたちを単に守られる存在としてでなく、人格ある社会の一員として位置づけ、家庭や園、学校、地域社会で、自分らしく生きることを受け入れる社会環境を作っていくことが、今、大人一人ひとりに投げかけられている共同の責務と考えます。

草加おやこ劇場は、1974年設立され、以来、今日まで一貫して「子どもの心と生活を豊かにし、おとなも子どももともに育ちあうことを目指して」様々な活動を作り出して来ました。 1つは、子どもの発達に見合った、質のよい生の舞台の鑑賞を子どもの生活の一部として根付くように定期的に、連続して開催していくこと。 1つは子どもも大人も誰もが主人公になり、人と人がふれ合いながら創造的な体験を実現できる場を地域に広げていくことです。 1994年日本が批准した『子どもの権利に関する条約』においても、これらの活動の重要性が再認識されました。 この30年に及ぶ経験を踏まえて、一人ひとりの子どもたちがとびっきりの子どもの時代を過ごせるように、わたしたちは、NPO法人を設立します。

NPO法人子ども広場草加おやこ劇場
代表 渡辺裕子

第15年度計画

事業実施の方針

  1. 優れた舞台芸術作品の継続的な鑑賞の機会を作り、子どもも大人も楽しみながら待てるように企画し実現する。
  2. 子どもの自主性と創造性をはぐくむ諸活動の企画、運営及び支援を行う。
  3. 地域の中で、大人も子どもも育ち合える仲間を作る。
  4. 子どもの生活圏に文化活動を届ける。
  5. 子どもの文化に関する諸団体、地域の諸団体との交流を深め、ネットワークを広げる。

貸借対照表

13年度貸借対照表

第15年度重点テーマ

『語り合おう!豊かに育ち合う社会とは?』
草加おやこ劇場では、チラシやぐーちょきぱーなどに「草加おやこ劇場は、人と人とのつながりの中で豊かに育ちあう社会を目指します」と書いてあります。年一回の総会資料の2ページ目には14年前NPO法人となるにあたっての「設立趣旨書」という文章を毎回載せています。ちょっと読んでみてください。この文章の中にも「豊かに育ち合う」「豊かに生きる」「感性豊か」と何度も豊かがでてきます。
じゃあ「豊か」ってなに?「豊かに育ち合う社会」ってどんな社会?今年度は、よく聞くけれどなんだか漠然としている「豊か」をキーワードに話していきませんか?


Copyrignt (c) 2011 NPO法人子ども広場 草加おやこ劇場 All rights reserved.